悩みの種であるほくろは除去するのが一番【レーザー治療が一般的】

おすすめの診療科

女性

傷跡が目立たないように

ほくろを除去したいと思った時には皮膚科だけでなく美容外科などでも施術を行うことができます。どちらでも同じようにほくろをとることができますが、違いは仕上がりの美しさです。ほくろを除去する時には皮膚に傷ができるので、ただとるだけでなく傷跡が残らないような施術を受けることをおすすめします。美容外科クリニックでは仕上がりを美しくするための様々な対策を考えながら治療の計画を立てるので、傷跡が目立ちにくく美しい状態に仕上げられます。皮膚科でも同じような治療を受けられますが、比較すると美容外科クリニックのほうが最新の機器類が揃っているので、技術力の高い治療を受けられる可能性が大きくなります。もしも皮膚科と名のついた診療科で治療を受けたい時には美容皮膚科になっているクリニックを選ぶと、通常の皮膚科よりも皮膚への負担が少ない治療が受けられる可能性があります。美容皮膚科は美容外科クリニックと皮膚科を合わせたような機能をもつので、皮膚を美しく保つための設備が整っていることが多くなります。美容外科クリニックでは大きな手術を行うこともできますが、美容皮膚科では大きな外科手術は取り扱っていないことが多く、皮膚科領域での施術が中心になります。こういった特徴があるので、皮膚に関しての症状に関してはかなり詳しく診察をしてもらえますし、皮膚に関する治療も他のクリニックでは取り扱っていない施術法が受けられることもあります。またスキンケア用品なども取り扱っていることが多いので、施術後の皮膚の状態を最良にするためのケア方法を提案してもらえるでしょう。ほくろ除去の特徴について重要なことは再発をすることがあると言う点です。皮膚の表面が黒くなっているだけだと誤解されていることが多いのですが、実際には皮膚の内側にある色をつける組織ごと除去しなくてはいけません。皮膚の表面の色がついた部分だけを取り除いたとしても、次第に皮膚の下から色がついた皮膚細胞ができてきて、同じようにほくろを形成してしまいます。これはほくろができる過程を考えるとわかることですが、人の肌の色は皮膚組織が作られる時に色をつける働きをする細胞が関与しており、その違いによって皮膚の色に個人差がでます。この組織の働きが悪くなると皮膚に色をつけることができなくなり、紫外線から肌を守る機能もなくなってしまいます。そのため、適切に皮膚に色をつけるメラニン組織が働かなくては健康な皮膚を作りだすことはできません。しかし、メラニン色素が過剰に働いてしまった部位がほくろとなってあらわれるので、ほくろを除去したい時には色をつけている細胞ごと取り除かなくてはいけません。小さなものだったとしても深く除去する必要がでてくるのはこのためで、予想以上に施術後の傷跡が大きく残ってしまうことがあります。新しい皮膚が形成されれば傷跡は目立たなくなることがほとんどですが、それまでの期間が長くかかってしまうとテープで保護をしなくてはいけませんし、皮膚のケアを長期間続ける必要がでてきます。そのため傷跡を小さくすることを優先させて再発をする可能性があっても傷跡をできるだけ小さくなるような施術を受ける選択をする人も珍しくありません。

Copyright© 2019 悩みの種であるほくろは除去するのが一番【レーザー治療が一般的】 All Rights Reserved.