悩みの種であるほくろは除去するのが一番【レーザー治療が一般的】

顔のコンプレックスを解消

医者

顔の印象を変えよう

見た目の印象に影響を及ぼす顔のほくろ。気にならない程度の大きさなら良いのですが、3mm位になってしまうと目立ってしまいコンプレックスになってしまうことがあります。またほくろが小さくても場所によっては、人の目が気になることもあります。加齢とともに大きくなることもありますので、気になる方は早めに除去した方が良いでしょう。ほくろの除去はレーザー治療が一般的です。あまり大きいとメスで切開することになりますが、小さいものなら簡単に治療できます。ただ顔などにレーザーを当てるので、治療には気をつける必要があります。レーザー治療は、除去した部位の皮膚が赤く腫れてしまうことがあります。しかし、これは皮膚が自然に治癒するための反応なので仕方がなく、1ヵ月から3ヵ月程度でもとの状態に戻るので心配はありません。ほくろのほとんどは良性の腫瘍ですが、まれに悪性の腫瘍つまりガンの場合があるので安全に治療を受けたい方は、一度皮膚科に診療してもらった方が良いでしょう。またほくろの除去は医療行為として行うことがあり、この場合医師免許が必要になります。なかには医師免許がないのに治療を行い、治療後の炎症がなかなか治らなかったりするなど、トラブルがあるので注意が必要です。通常、料金は1万円から1万5000円位が相場なので、著しく安い価格で治療を行っているクリニックは気をつけたほうが良いでしょう。安い価格で治療をしているクリニックは、アフターケアがない場合も多く治療後の炎症について責任をもたない所もあるので気をつけましょう。ほくろの除去は保険が適用される場合と自由診療の場合があります。保険が適用されるには、ほくろの状態や治療方法、保険適用できる病院などの条件があります。まず病院は皮膚科があるなら保険は適用可能です。例えば悪性の腫瘍のメラノーマはほくろと区別がつきにくいので、皮膚科で受診してから除去すれば保険が適用されます。また生活に影響をおよぼすと医師が判断した場合も保険適用です。大きなものや血がでているものなどで日常生活に支障がでてしまう場合に該当します。治療方法ですが、メスで切開した場合や電気メスで切除、ほくろをくりぬいた場合などは保険が適用されます。美容クリニックでよく行われている炭酸ガスを使ったレーザー施術は、美容目的なので自由診療となってしまいます。炭酸ガスレーザーは、ほくろを焼いてかさぶたとしてから除去する方法で一般的なものです。最近では厚生労働省認可のスイッチレーザーを使用しているクリニックもあります。認可されているので安全性と信頼性は高く、安心して施術を受けることができますので初めての方にはお勧めです。自由診療でも1万円から1万5000円くらいなので美容整形の費用としてはさほど高くありません。大きさが2mm程度なら1万円以下の場合もあります。コンプレックスを解消できることを考えると決して高くはないでしょう。しかし美容クリニックで除去した場合、それを病理検査に出せないので悪性かどうかの判断ができません。もし不安があるならまず皮膚科を受診してからでも遅くはないでしょう。

女性

ほくろの問題への対処方法

色が黒く目立ちやすいほくろは美容目的で除去手術をする方が多いですが、それ以外の目的で治療をする人もいます。ほくろ除去の手術は最初に医師と話し合いをしてから行うため、どのようにするのか分かりやすく安心して治療を受けられます。

女性

おすすめの診療科

ほくろの除去をする時にかかる診療科は様々なものがありますが、おすすめは美容外科クリニックか美容皮膚科です。治療法にはいくつかの方法がありますが再発を起こす可能性があったとしても傷跡を目立たなくさせるための治療法を選択する人も大勢います。

看護師

病院選びの方法

ほくろを除去するためのクリニック選びはとても重要です。病院はいろいろな治療ができるところを選び、また保険適用の施術も受けられるところを選ぶ方がおすすめです。ちなみにほくろは先天的のものと、後天的なものがあります。

Copyright© 2019 悩みの種であるほくろは除去するのが一番【レーザー治療が一般的】 All Rights Reserved.